falo(ディナー)

5時半前の入店で一番乗り。前回はなかったアクリル板で隣席と仕切られていた。無粋ではあるけど、まあ仕方がないね。
一杯目はフランチャコルタ。突き出しはレンコン。

f:id:kane_katu:20201017172631j:plainf:id:kane_katu:20201017173234j:plain

入店してしばらくは一人だったが、faloだと一人でも気まずくならないからいい。最初のワインはミュスカで、最初の料理は「自家製のいくらとお豆腐バターのクロスティーニ」。いくらとミュスカって合うのかなと思っていたら、いくらに合わせてミュスカではなくて、なんとなくミュスカだったらしい。個人的にはいくらに合わせるワインってすごく難しいと思う。逆に言えば、何でもいいのかもしれないけど。なんて話をしていたら、シャルドネも出してくれた。この料理はスタートにはうってつけだったね。

f:id:kane_katu:20201017173908j:plainf:id:kane_katu:20201017174207j:plain
f:id:kane_katu:20201017174909j:plain

次は「秋刀魚の炭火焼きと大根のしりしり」。「マツコの知らない世界」で秋刀魚を見てからやたらに食べたかったんだよな。肝のソースがしっかり苦くて美味しかった。ワインは赤を2種類。一杯目の2014年のが美味しかったね。

f:id:kane_katu:20201017175605j:plainf:id:kane_katu:20201017175617j:plain
f:id:kane_katu:20201017180136j:plain

ロエロ・アルネイスが来てから「秋しゃけのチーズ衣フリットと黄金たもぎ茸」。これは前にも食べたことがあるが、付け合わせが違う。黄金たもぎ茸って初めて食べた。揚げたからか、味が凝縮していて美味しかった。次のワインが「トスカーナ ロザート キアロスクロ トゥニア」。これがとても美味しくて秋しゃけにもよく合っていた。このワインは個人的にも買いたいな。白をちょこっともう一杯。

f:id:kane_katu:20201017181011j:plainf:id:kane_katu:20201017181356j:plain
f:id:kane_katu:20201017182002j:plainf:id:kane_katu:20201017183454j:plain

次は「フランス産はとの炭火焼き」。これも食べたことがあるが、付け合わせは多分違っていた。鳩はもちろん、このネギも美味しかった。ワインはオーソドックスな赤。

f:id:kane_katu:20201017183823j:plainf:id:kane_katu:20201017183829j:plain

締めのパスタの前にマッサヴェッキアのベラーチェ。マッサヴェッキアは大好きなんだけど、すぐに売り切れちゃってなかなか買えないんだよな。出してもらえて嬉しかった。
パスタは「ごぼうクリームを詰めたラヴィオリ 熊肉のラグーソースがけ」。これはFBの投稿を見てから、これと決めていた。なんか素朴な感じで美味しかった。

f:id:kane_katu:20201017185846j:plainf:id:kane_katu:20201017191711j:plain

ドルチェも復活したプリンと決めていた。ドルチェワインは、連続でマッサヴェッキアのパッシート。このワインも大好きなので嬉しかった。ただ、次の「Rocclo Grassi」もかなり美味しかった。最後にパスティスもちょこっと。

f:id:kane_katu:20201017192700j:plainf:id:kane_katu:20201017192927j:plain
f:id:kane_katu:20201017193344j:plainf:id:kane_katu:20201017193920j:plain

faloは季節に応じて、新メニューが出てくるところが魅力なのだが、メインのお肉料理の動きが少し鈍い。お手頃価格のお肉料理も時々新しいのを出してくれると嬉しいな。何度も行ってるから大体食べちゃってるんだよね。

PARCO劇場オープニング・シリーズ “ねずみの三銃士”第4回企画公演「獣道一直線!!!」

演劇界のチームリーダーである、生瀬勝久池田成志古田新太が“今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!”思いで結成された“ねずみの三銃士”による企画公演。
脚本には近年、2017年にテレビドラマ『ゆとりですがなにか』で第67回芸術選奨文部科学大臣賞を受賞や、大河ドラマ『いだてん~オリムピック噺~』(19年)の脚本家をはじめ、俳優、演出家、アーティストとマルチに活躍し実力を発揮する宮藤官九郎、演出には舞台『ロッキー・ホラー・ショー』(16)、ミュージカル『愛のレキシアター「ざ・びぎにんぐ・おぶ・らぶ」』(19/脚本も)、『オリエント急行殺人事件』(19)など多くの話題作の演出を務める河原雅彦と、最強メンバーが集結し毎回PARCO劇場で上演を企てて来た大人気シリーズです。

作:宮藤官九郎
演出:河原雅彦
出演:生瀬勝久 池田成志 古田新太 山本美月 池谷のぶえ 宮藤官九郎

観たい芝居でもあったし、新しくなったPARCO劇場にも行ってみたかったので、抽選に当たったのは嬉しかった。当初は一席ずつ空けての販売だったが、その後規制が緩和されて追加販売となり、行ってみればほぼ満席だった。
新しいPARCO劇場は、客席数が約1.5倍となり、広くなった。席は後ろの方だったけど、後ろでも観やすくて、とてもいい劇場だと思うのだが、何だか普通の劇場になってしまった。以前は、そのサイズ感ならではの舞台と客席の親密感があったし、「PARCO劇場で観ている!」という祝祭感があったのだが、新しい劇場は祝祭感が失われてしまった。まあ、これは私個人の意見だし、祝祭感というのは、またこれから醸成されていくものなのかもしれない。
開演前に客席から見た舞台は随分簡素な感じがしたのだが、実際に始まってみると、仕掛けが色々と施されているし、映像も大胆に使用していたりで、大きな劇場でやるだけはあるなと感じた。
ド頭で下ネタがあったりして、生の舞台観てる感は強かった。その後も歌あり踊りありドタバタありの何でもありで盛りだくさん。コロナ禍を揶揄った小ネタも面白かったね。ねずみの三銃士が面白いのは当然だが、池谷のぶえが良かったねえ。かなり弾けていた。
マスクだの消毒だの面倒だけど、ようやく、芝居を観に行ける日常が戻ってきたなと感じた。

f:id:kane_katu:20201018145157j:plain

ペーター・フライムート・リースリング・ゼクト・ブリュット

モーゼル川流域で最も伝統あるワイン会社のひとつ 「ペーター・フライムート」より、ドイツ産葡萄を 100%使用したドイッチャー・ゼクトが入荷してきました。
今回入荷したゼクトは辛口の「フライムート・リースリングゼクト・ブリュット」で、ラインヘッセン、ファルツ、ナーエのリースリングを100%使用して造っております。
厳選された葡萄を低温発酵したワインは、活気に満ちたエレガントな香りで、リースリング特有のフレッシュなキレの良さ、上質さがうかがえます。繊細な泡立ちの辛口スパークリングですので日常用にどうぞ!

キタザワにて購入。ドイツの泡を飲むのは久しぶり、というか飲んだことあったかな。口当たりがちょっと甘かったりして、まずまず美味しかった。

f:id:kane_katu:20201017102437j:plain

百年と一日(柴崎友香)★★★☆☆ 10/15読了

大根のない町で大根を育て大根の物語を考える人、屋上にある部屋ばかり探して住む男、周囲の開発がつづいても残り続けるラーメン屋「未来軒」、大型フェリーの発着がなくなり打ち捨てられた後リゾートホテルが建った埠頭で宇宙へ行く新型航空機を見る人々……この星にあった、だれも知らない、だれかの物語。人間と時間の不思議がつまった33篇。作家生活20周年の新境地物語集。

『百年と一日』というタイトルが示すとおり、時間の経過を軸にした短編集というかショートショート集。最後の方はちょっと飽きが来たけど、なかなか面白かった。

小さな演劇の大きさについて(佐々木敦)★★★☆☆ 10/13読了

日本演劇の「いま」と「ここ」
テン年代日本演劇シーンをつぶさに目撃してきた批評家・佐々木敦による、初の演劇批評集!
平田オリザ岡田利規チェルフィッチュやそれ以降の「言葉」と「身体」の挑戦、大舞台で先端的な表現を続けるケラリーノ・サンドロヴィッチ、神里雄大と岡崎藝術座・ノゾエ征爾とはえぎわ・木ノ下裕一と木ノ下歌舞伎等々の若手作家/劇団たち――新しい演劇はどこにあったのか

自分が演劇について考えていることを言葉にしてもらった感もあって、納得できる箇所が多かった。取り上げられている劇団は割とカバーしていたが、最後の方で全然知らない劇団を紹介していて、その辺は今後の参考になった。ただ、近年私が注目しているユニットを著者は取り上げていなかった。それは「iaku」と「玉田企画」。今月末には久しぶりに「iaku」を観に行く予定なので、とても楽しみだ。

ローラン・シュミット・ピノ・ノワール 2018

1区画で0.42ha。平均樹齢20年。粘土泥灰土質土壌。さくらんぼやフランボワーズを思わせるチャーミングなアロマ。濃過ぎず薄過ぎない、絶妙な味わいのピノノワールで、魚介類から肉料理、パスタなど、幅広い料理をより一層美味しくしてくれます。ほのかな甘みが、幸せな気持ちにさせてくれます。

ウメムラにて購入。今日の夕飯は、まずアボカドとトマトのクロスティーニ。昨日妻が買ってきた惣菜の残りのオリーブを加えたら更にいい感じになった。それからオイルサーディンのリエット。これは昔からよく作っているもので、簡単で美味しい。メインは、秋鮭と蕪と舞茸のソテー アンチョビバターソース。割と美味しくできて、妻に好評だったのが嬉しかった。
ワインは先週開けようと思っていたアルザスピノ・ノワール。フレッシュな果実味がいい感じで、美味しかったね。

f:id:kane_katu:20201010232115j:plainf:id:kane_katu:20201010193432j:plain
f:id:kane_katu:20201010192832j:plainf:id:kane_katu:20201010192810j:plain

PHEASANT'S TEARS Tsitska 2016

ジョンは、アメリカ出身の画家で、ソ連在住の頃、彼の絵画は高く評価されていました。1996年に初めてジョージアを訪れた彼は、その2年後にはジョージアへ移住します。2005年の夏、ブドウ畑で絵を描いていると、ワイン農家のゲラに「あなたがここで絵を描くのであれば、私のようにこの葡萄畑に夢中でなければならない!」と夕食に誘われました。これがフェザンツティアーズの始まりです。
フェザンツティアーズは、ジョージアの文化と遺産に対する情熱から生まれました。発酵、醸造は、ジョージアの伝統的なクヴェヴリという甕で行います。クヴェヴリは最古のワイン発酵槽で、考古学的に発見されたのは紀元前6000年前。クヴェヴリは土で作られ、蜜蝋が塗られています。地中に埋められることで、年間を通して温度が維持され、地球の自然な涼しさで発酵することができます。

ノンナアンドシディにて購入。先週の赤が個人的には残念な感じだったので、気を取り直して白を開けてみた。ノンナアンドシディの人に教わった「赤は少し冷やして、白は常温で」に従って常温で抜栓。口に含んだ瞬間は液体がすっと入るが、すぐにブワッと旨味が広がる。同じオレンジワインでもイタリアのそれとはちょっと味わいが違う。色合いは紅茶のようで、あまり果皮感は強くなく、いわゆる自然派っぽさも薄い。ちょっと独特だが、とても美味しかった。これが、中国4000年の歴史ならぬジョージア6000年の歴史なんだろうか。

f:id:kane_katu:20201010232111j:plain