トマ・モレ・ブルゴーニュ・ブラン 2017

シャサーニュ・モンラッシェ村のトップに君臨し続けた ベルナール・モレの次男であり、元DRCモンラッシェの栽培責任者をが手掛ける 新世代トップブルゴーニュ「トマ・モレ」。
模範的な見事なワインで、白い花と熟した果実が印象的です。 ミネラル分がありながらも丸みも感じられ、トーストやナッツのニュアンスもあるバランスのとれたワインになっております。
進化が止まらないトマ・モレに 関して言えば、ヴィンテージの良し悪しよりも進化の幅が上回っているようです。

キタザワにて購入。妻が魚が食べたいというので、夕飯は魚料理。まずは定番のタラじゃが。それから、たまたまテレビで見て面白そうだなと思った簡単アジフライ。三枚におろしたアジにマヨネーズを塗って、粉チーズパン粉をつけて、アルミホイルを敷いた魚焼きグリルで焼くという料理。焦がしちゃいけないと思って、結構面倒みていたので、そんなに簡単ではなかった。味はまずまずだったけど、普通のアジフライの方が美味しいね。
ワインはブルゴーニュ・ブラン。酸味、ミネラルともに普通だけど、奥の方に仄かな苦味がある。例えて言うなら、朝の澄んだ空気の中、木漏れ日の漏れる森の奥の方へ歩いていって、そこに生っていた果物の香りが仄かに苦かったみたいな感じ。これがブルゴーニュシャルドネのいいところだよな。

f:id:kane_katu:20201124011840j:plainf:id:kane_katu:20201124011805j:plain
f:id:kane_katu:20201124011809j:plain