木ノ下歌舞伎 勧進帳

歌舞伎十八番の一つである『勧進帳』は、上演頻度の高さからもその人気が伺える、歌舞伎の代名詞的演目です。
木ノ下歌舞伎では2010年に杉原邦生[KUNIO]の演出・美術で初演した後、満を持して2016年に完全リクリエーション版として再上演。監修・補綴の木ノ下裕一がその成果に対して平成28年文化庁芸術祭新人賞を受賞するなど、高い評価を得ました。
一般的に「義経一行の関所越えを描いた忠義の物語」とされる勧進帳を、〈関所=境界線〉として読み解き、国境・現在と過去・主と従・観客と舞台…… といった現代社会を取り巻くあらゆる〈境界線〉が交錯する、 多層的なドラマへと再構築したキノカブ版『勧進帳』。
現代演劇の手法で古典の可能性を探る木ノ下歌舞伎の代表作がいよいよ関東初上演です!


監修・補綴|木ノ下裕一
演出・美術|杉原邦生
出演|リー5世, 坂口涼太郎, 高山のえみ, 岡野康弘, 亀島一徳, 重岡漠, 大柿友哉


上演時間|約80分[途中休憩なし]


2018年3月1日[木]〜2018年3月4日[日]
KAAT神奈川芸術劇場 大スタジオ

前回の「心中天の網島」も良かったけど、それ以上に良かった。いや〜、実にスタリッシュで、斬新で、素晴らしかった。
富樫が「ヒョロ君」で、弁慶が外国人というのにまずは驚かされた。そして、弁慶の部下4人と富樫の部下4人を岡野康弘, 亀島一徳, 重岡漠, 大柿友哉の4人が瞬時に入れ替わって演じるというアイディアも画期的だ。この4人が三味線や鼓などの音を声で表現するのは笑ったし、ラップをやるシーンは格好良かったね。
演技も衣装も舞台装置も照明も音楽も全て素晴らしかった。実にいいものを観させてもらいました。