ヨーロッパ企画第36回公演「出てこようとしてるトロンプルイユ」

画家とかアートとかってちょっと凄いよな、って興味はずっとありまして、でも 下手に近づくと地獄の釜が開くぞ、っていう畏れもあったので、書店の「アート」の棚の前を行ったり来たりしながら様子を伺ってたんですが、そんな僕に気 さくに話しかけてくれた背表紙に書いてあったのが「だまし絵」でした。嬉しく なって本を手に取って開いてみたら、絵があろうことか俺に向かって飛び出してきていたという。地獄の釜は結局開きました。今回はだまし絵をめぐるだまし絵コメディです。トロンプルイユってだまし絵のことです。 (上田誠)


【作・演出】上田誠
【音楽】滝本晃司


【出演】
石田剛太 酒井善史 角田貴志 諏訪雅 土佐和成 中川晴樹 永野宗典
西村直子 本多力/金丸慎太郎 川面千晶 木下出 菅原永二

岸田國士戯曲賞受賞後の最初の舞台ということで注目を集めているんだろうか。KAATの方がチケット取りやすいかなというのもあって、KAATにしたら、割りと後ろの方の席になってしまった。やっぱり受賞効果なのかなあ。