オステリア・オージオ・ソット(ディナー)

カンブーザにいた西さんと山内さんが武蔵小杉に出したお店。前々から行きたいと思っていた。というわけで、武蔵小杉に勤務している友人のO氏とともに訪れた。カウンター主体の小さなお店で、カウンターの中ほどに座った。まずはグラスのスプマンテで乾杯。メニューは背後の黒板に書かれている。前菜とパスタとメイン、それにドルチェ。パスタとメインはそれぞれ4,5種類だが、前菜の数がかなり多かった。迷った末に、前菜は「ポルケッタ、クレソンのサラダ添え」と「赤イカフリット」と「ホタテとホワイトアスパラのソテー 西洋タンポポのサラダ添え」。パスタは「シャラン鴨のピチ」、メインは「ラムチョップ」でドルチェは「苺のミルフィーユ」。
パスタのピチっていうのはうどんみたいな太いパスタのこと。どの料理も美味しかったけど、このピチが特に美味しかったなあ。ワインは西さんにお任せしてグラスで出してもらった。6杯くらい飲んだのかな、ちょっと記憶があやふやだが、どのワインも美味しかった。最後のコーヒーもこだわりがあるだけあって美味しかったねえ。
小さいけれどもすごく居心地のいいお店だった。お客さんも常連さんばかりのようでアットホームな雰囲気だった。西さんもリラックスしてのびのびやっているようだったね。こういうお店が近所にあったら通っちゃうよなあ。武蔵小杉には基本用はないから、そうそうは行けないと思うけど、渋谷に行く通り道ではあるから、観劇前にランチに行くって手はあるかもな。




オステリア オージオ ソット

食べログ オステリア オージオ ソット