明大ラグビー部の新監督に吉田義人氏

 明大ラグビー部の新監督に就任する元日本代表WTBの吉田義人氏(40)が19日、東京都内で記者会見し「目標は大学日本一」と力強く決意を語った。
 全国大学選手権12度の優勝を誇る強豪も、今季は24季ぶりに同選手権出場を逃すなど、近年はライバルの早大に差をつけられている。明大OBでもある吉田新監督は「わたしのやることは強い明治を復活させること」と再建への思いを話した。
 新体制は21日の練習から始動する。吉田氏は今季トップリーグで戦った横河のディレクターを務めてきたが、3月31日付で退職。明大所属となり、フルタイムでラグビー部を指導する。

情報が漏れちゃっていたので少し前から知っていたが、正式に発表された。吉田義人と言えば、私をラグビーファンそして明治ファンにさせた張本人である。引退試合には秩父宮にも行った。
その吉田義人がついに明治の監督になる。これが期待せずにいられるだろうか。しかし、吉田義人はその強烈なカリスマ性ゆえ周りから孤立してしまうことが度々あったと聞いている。本人のブログにはこうある。

私は監督という重責を、男として人として最高にやりがいのあるチャンスと考えて全身全霊注ぎ、強い明治の復活に取り組む覚悟です。


「目標を達成してきた男だからできる」
そう自分に言い聞かせ、誇りを持って臨みます。


明治大学ラグビー部を応援してくださる皆様、私を育ててくださった故・北島監督と先輩方、私を応援してくださる皆様、そして私を支えてくれる家族のために吉田義人は魂を込めて全力でチームを牽引して、前へ進んで行きます。

もちろん期待しているし結果も出して欲しいのだが、あんまり監督自身の気合いが空回りしてしまってもいけないので、コーチ陣とも協力してうまいこと指導していって欲しいなと思う。