気になった本を何冊か

12番目のカード
12番目のカードジェフリー ディーヴァー Jeffery Deaver 池田 真紀子

文藝春秋 2006-09
売り上げランキング : 504


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

まずはid:juice78さんのブログで出ているのを知ったライム・シリーズ最新刊。実はすぐにbk1に注文して、昨日届いた。装丁が今までとは違ってしまっていたのがちょっと残念。

ハルキ・ムラカミと言葉の音楽
ハルキ・ムラカミと言葉の音楽ジェイ・ルービン 畔柳 和代

新潮社 2006-09-28
売り上げランキング : 9393


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

お次は昨日の帰りにリアル書店で見つけた本。ま〜た村上春樹の解説本かぁと思ったら、なんと著者は『ノルウェイの森』『ねじまき鳥クロニクル』などの翻訳者であるジェイ・ルービンじゃないか。村上春樹の解説本は一部の例外を除いてほとんど読まないのだが、これは別だなあ。3,150円とちょっと高いけど、『冷血』の書評でbk1から3,000ポイントもらったから、それを充てるとちょうどいいな。

ティンブクトゥ
ティンブクトゥポール・オースター 柴田 元幸

新潮社 2006-09-28
売り上げランキング : 64


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これはAmazonからのお知らせメールで知った本。私が読んだ最近のものでは『偶然の音楽』『ミスター・ヴァーティゴ』は面白かったが、『リヴァイアサン』はイマイチだった。今回の『ティンブクトゥ』はちょっと面白そうだな。

こども哲学―よいことと わるいことって、なに?
こども哲学―よいことと わるいことって、なに?オスカー・ブルニフィエ 重松 清 クレマン・ドゥヴォー

朝日出版社 2006-05-23
売り上げランキング : 451

おすすめ平均 star
star結論へのもっていきかたが強引かもしれないが

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これは新聞広告で知った本。子どもと一緒に読むのによさそうだけど、Yukaにはちょっとだけ早いかな。でも何冊か出ている中で、『こども哲学―よいことと わるいことって、なに?』なら大丈夫かな。