2017-12-04から1日間の記事一覧

噺は生きている(広瀬和生)★★★☆☆ 11/28読了

同じ『芝浜』は一つとしてない。 志ん生、文楽、圓生ら昭和の名人から、志ん朝、談志、さらには小三治、談春、一之輔など現役トップの落語家まで、彼らはどう演目を分析し、アレンジを加え、ときに解体もしながら、演じてきたのか。 演目の進化から落語の〈…